磯蔵の酒造り







催事

お問い合せ

お問い合せ








酒蔵見学について

 磯蔵酒造では創業当時とほぼ変わらない手造りによる酒造り、そして「目指す旨さ」を再現する為、当蔵が「なぜ」そして「どうやって」酒を造っているかを1人でも多くの皆様に見て、知って、さらには五感で感じていただこうと、酒造蔵のご案内をしております。

見学内容:酒蔵の概要説明〜酒造蔵の見学〜製品の試飲等

  • 蔵人が当蔵の成り立ちから造る酒への想い等をお話させていただきます。当蔵のことは勿論、日本酒や酒に纏わる、皆様のいろいろな疑問にも出来る限りお答えさせていただきますので、どうぞ遠慮なくご質問下さい。
  • 150年変わらぬ酒蔵の内部を熟練の蔵人の案内により余すところ無くご案内いたします(酒造期間中は酒蔵行程により、目に見えない「麹菌」や「酵母菌」の管理の為、ご案内の出来ない箇所もございます)。
  • 定番はもとより、季節の旬の酒等をご試飲いただけます。また、「はなれ」(50名様程度まで収容可能)もご希望によりお使いいただくことが出来ます(出前や仕出しによる昼食、夕食、酒宴などにもご利用いただけます。ツマミの持ち込み大歓迎)。詳しくは担当者までお問合せ下さい。
     

所要時間:90分〜 長い方では240分程度も
 

料金:無料
 

参加人数:1人〜

  • 一度に酒造蔵内部にご案内できる人数は最大で20名ぐらいです。
    20名以上は何班かに分かれてご見学いただきます。
     

開蔵時間:年中無休 10:00〜21:00(酒造期は8:00より)

  • 作業を最優先させていただくため、要予約による午前午後各一組のご案内を基本とさせていただきます。
  • 酒造作業行程及びイベント等によりご案内できない日がございます。 詳しくは担当者にお尋ね下さい。
    酒造作業行程及びイベント等によりご案内できない日がございます。 詳しくは担当者にお尋ね下さい。
     

身支度:普段着で十分です

  • 冬場は寒いので防寒着をご用意ください。
  • スリッパに履き替えていただく箇所や、時期により白衣に着替えていただく場合等もございます。
  • アクセサリーやポケットの内部等、落下する恐れのある物はあらかじめ外してご入蔵ください。女性はスカートでない方が理想です。
     

販売:試飲処「きき酒場ぁ(BAR)ちょっ蔵」には売店が併設

  • 定番品は勿論、季節により此処でしか換えない限定酒なども試飲販売いたしております。
  • ご注文いただいてから貯蔵蔵より出荷いたしますので、ご購入に多少のお時間をいただく場合がございます。
  • 当蔵製品以外(笠間のお土産、物産品等)は販売しておりません。
     

駐車場:乗用車10台程度 マイクロバス、小型バスは駐車可

  • 中型、大型バスの駐車スペースはございませんが、田舎なので近隣の稲田駅(徒歩3分)付近に駐車いただけると思います(運転士さん乗車により)。
     

催事等:

  • 毎年春に開催する「ちょっ蔵 新酒を祝う会」をはじめ、コンサートや展覧会、陶器市等を不定期に開催いたします。
     

外国人:英語の見学資料はあります

  • 残念ですが外国語でのご案内は今のところいたしかねます。
     

ご注意:

当蔵の酒蔵見学は、日本酒造りは勿論、当蔵をより知っていただくことが目的であり、製品の販売を目的とするものではございませんので、所謂、観光酒蔵的な設 備等は一切ございません。

また、自由に見学いただくことができないのは勿論、暗く寒い(特に冬)蔵の中、熟練の蔵人による長時間の酒造蔵見学は、参加される皆様にもそれ相当のご覚悟(笑)をお願い申し上げますが、「日本酒」、「酒造り」に興味のある方には必ず一見の価値ある時間になると自負しております。ぜひ一度お出かけ下さい。
 

ご予約…磯蔵酒造

電話0296-74-2002 / メール:info@isokura.jp

  • 上記の内容をご確認の上、まずは希望の日時をお電話もしく電子メールにてご連絡下さい。
  • 担当者が不在の場合は折り返しこちらからご連絡を差し上げます。
磯蔵酒造有限会社/茨城県笠間市稲田2281番地の1/電話(0296)74-2002